ぎっくり腰

ぎっくり腰とは一般的に重いものを持ったときや、普段の生活の洗顔や咳・くしゃみ等、急な体幹の
捻転時に起る急性の腰痛の事を指します。急性の筋・筋膜性腰痛や腰椎椎間板ヘルニアの病態で
あることが多く、発生要因もさまざまであるが、主に年齢による筋肉の衰えや運動不足・急な運動などが考えられます。ぎっくり腰を起こす前には「腰が重い感じ」「足腰の冷え・張り」等の前兆が現れることが多く、その様な症状が現れたら、早急に対処することがぎっくり腰を起こさない最善の方法でしょう。
急性腰痛症の中でちょっとした体動で急に発症し、場合によっては激痛のため脂汗が出て、
歩けなくなるような発作性の腰痛症を俗に「ぎっくり腰」という。その真実の病態は不明であるが、
多くの場合は腰椎における椎間関節内への滑膜の陥入であると考えられている。
また、なかには椎間板ヘルニアの始まりのこともあれば、何らかの拍子に生じた筋肉、筋膜、
靭帯の微小損傷のこともある。安静や鎮痛薬の使用でも緩解しない腰痛、徐々に進行する
腰痛などは一度、SAKIUTAへ!
ぎっくり腰の治療は初期処置が重要です。
整体治療・鍼灸治療にて炎症症状を取り除き、症状を取り除きます。