椎間板ヘルニア

背骨の1つ1つの間には椎間板と言われる無血管領域があります。椎間板はゼラチン状の髄核が
中心にあり周囲はコラーゲンを含む線維輪から形成され、その髄核や線維輪が正常の位置から
逸脱してしまっているものをヘルニアと呼びます。このヘルニアが脊髄を圧迫してしまうことが
原因となり、痺れや麻痺・筋力の低下・運動障害や部位により排尿障害などを呈する場合があります。
最も多い部位は下部腰椎、ついで下部頚椎となっています。

ヘルニアは近年、治るものとして扱われている疾患です。
SAKIUTAでは整体治療・鍼灸治療の適応疾患で症状を取り除きます。