スポーツ障害

スポーツ障害は使いすぎ症候群(over use /オーバーユース)と言われ、身体を酷使した結果起る疾患であると言えます。運動の際に使う筋肉や身体のクッション作用がある軟骨や骨などがスポーツにより負荷がかかって身体に対して痛みという形として現れてきます。スポーツへの熱心さが、逆にスポーツ障害を起こす原因となっているのです。上記以外に、最近は熱中症や心停止(突然死)などの内科的スポーツ障害も増加傾向にあります。

SAKIUTAでは、整体治療・鍼灸治療にて正しい身体の使い方などを伝え、多角的及び総合的に治療を行い、症状を取り除きます。