腱鞘炎

特に多い部位が長母指外転筋・短母指伸筋の使いすぎ(オーバーユース)により腱が磨耗し、
腱鞘や「とう骨茎状突起」の溝を通る所で擦れ合い炎症を持ち、痛みとなる。
女性、特に産後の女性に多い。
母指の内転、屈曲、手関節尺屈で疼痛を感じる。
他にも手指MP関節部掌側に発生する。
乳幼児の母指に発生するものは先天性の要因が考えられる。
ばね指やドゥケルバン病なども代表疾患。またリウマチでもしばしば起きる。

SAKIUTAでは整体治療・鍼灸治療で完治させることが可能である。