顎関節症

開口運動に障害をきたしたり、開口・閉口時に痛みが出現するものを顎関節症という。
確立した診断基準はない。
10代後半から20代の女性に多く見られる。
下顎骨と側頭骨との間の関節を顎関節といい、両側の耳介の前下方に位置している。
ここを支点として開口、閉口を行うが、これらの運動に障害をきたしたり、開口、閉口時に痛みが
出現する。従来は不正咬合(かみ合わせが悪いこと)、過度の伸展、疲労による炎症が主な原因と
考えられていたが、現在は顎関節とその周囲の筋肉や神経系の障害ととらえており、
精神的ストレス、歯軋りなどが要因とされている。
口が開かない、顎が痛い、口を開けると音がする、などの症状がみられる。

整体治療・鍼灸治療・保険治療にて関節円板や関節の変形などの治療は行えませんが、
咬筋アプローチを行い、開口障害を取り除きます。