アルコール依存症

日常の生活習慣として反復してアルコール飲料を摂取しているものが、いつものように
アルコール飲料を摂取したいという抵抗しがたい欲求を感ずるようになっている状態である。
アルコール飲料の消費増加とともに増加傾向であり、約220万人の患者が居ると推定。
アルコール飲料の常用がきっかけ。
SAKIUTAの対応として、代謝、循環の改善をはかり、その後知識をもった者による食事療法、
運動療法の指示を行う。
SAKIUTAの治療は経絡治療、またはカウンセリングを通して治療を行います。