子宮疾患系

子宮筋腫
30歳以上の20~30%、40歳以上だと約40%の人が持っているといわれる子宮筋腫。
子宮の大部分を占めている子宮筋層にできる、良性の腫瘍です。自覚症状が少ないため、
多くの場合、婦人科検診で見つかります。
子宮筋腫はできる位置によって三つの種類に分けられます。子宮の筋肉の中にできるのが
「筋層内筋腫」で、約7割を占めます。子宮内膜のすぐ内側に発生するのが「粘膜下筋腫」で、
頻度は少ないのですが、症状が重いのが特徴です。子宮の表面を覆っている漿膜の下にできる
タイプが「漿膜下筋腫」。子宮筋腫の三割程度を占めます。
子宮筋腫は徐々に大きくなったり、数が多くなったりすることもありますが、すべてがそうなるとは
限りません。自覚症状が少ないため、気づかないまま一生を過ごすこともあります。
「子宮筋腫は治療をするかどうか、治療するならどの方法を選ぶか、さまざまな選択を迫られます。
医師にお任せではなく、自分自身が積極的に病気に関わることが大切」

症状:
代表的なのは過多月経。貧血の有無で判断できる。
子宮筋腫があっても、多くの場合は自覚症状がありません。
ただし、気が付いてないだけで症状が出ている場合もあります。最も多い症状は月経血の量が
多くなる過多月経ですが、自分での判断は難しいです。
過多月経は、血液検査による貧血の有無によって判断することができます。疲れやすい、朝起きるのが辛い、階段の上り下りするとドキドキするといった症状です。貧血は徐々に進行していくので気づきにくいこともあります。妊娠したときに流産、早産を起こしやすくなるほか、筋腫が変性して痛みの原因となります。更に粘膜下筋腫や大きな筋層内筋腫の場合は、子宮の内腔が変形するために、受精卵が着床しにくく、不妊の原因になることがあります。
SAKIUTAでは整体により、子宮を正しい位置に戻す。鍼灸治療により、女性疾患の原因を取り除く。
エステの先生に悩み、原因を話し今後の治療プランを立てていくことで対応しております。