腰痛症

腰痛は日常的によく耳にする身体のトラブルですが、適切な対処を行わなければ後々大変な疾患へとなり得ます。そのまま「多少の痛みは我慢」と放っておけば、お尻から足にかけて痺れが起きて、
いずれは椎間板ヘル二ア等の疾患へと発展することもあります。腰痛の要因には日常生活における
不良姿勢・スポーツ選手における無理な練習・労働者の作業姿勢など様々です。
いずれも腰への持続的な負担、腰周りの筋肉や筋膜が過度の緊張状態にあること、姿勢が悪いために起こるものです。生活、姿勢の改善も重要ですが専門家による問診・施術・生活指導が最重要と
言えます。 運動時あるいは安静時に腰部に痛みを感じる疾患の総称であり、疾病名というより
症状名である。腰椎、椎間板、椎間関節、靭帯、筋・筋膜の障害が想定されているが、
正確な診断が可能なのは全腰痛患者の半数以下、報告者によってはせいぜい10パーセント程度ともいう。そのような場合に腰痛症という病名を付す。 退行変性による椎間板ヘルニア・変形性脊椎症・
脊柱官狭窄症、骨代謝異常による骨粗鬆症・骨軟化症、外傷による腰椎圧迫骨折・横突起骨折・
打撲・脊椎分離症・脊椎すべり症、炎症による筋炎・筋膜炎・化膿性脊椎炎・結核性脊椎炎・
関節リウマチ、腫瘍による骨肉腫・軟部組織肉腫・血管腫、静力学的要因により姿勢不良・筋肉疲労、
先天性要因による仙椎の腰椎化・腰椎の仙椎化・奇形などの成因と病態生理がある。

SAKIUTAでは整体治療、鍼灸治療にて骨格的及び筋肉的を整える施術を行い、
症状を取り除きます。
急性期症状では保険診療の適応となります。