坐骨神経痛

坐骨神経とは脊髄から伸びる抹消神経の中でもっとも太く長い神経です。腰部脊柱管症候群や腰椎椎間板ヘルニアなど(腰の痛み)が原因で併発したり、外傷で神経を傷つけたり、腫瘍による圧迫によって症状が出る場合もあります。症状自体は臀部の痛み/痺れ・太もも裏の痛み/痺れ・ふくらはぎ近辺の痛み/痺れなどの症状を呈します。知覚神経・運動神経共に圧迫されますので痺れが出て足を引きずるというのが定型症状となってきます。 脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされる。

SAKIUTAでは整体治療、鍼灸治療にて身体の歪みから、身体の深部から痛みの原因を取り除いていきます。