小児神経症

子供の認知および社会科の発達段階によって不安神経症や神経性抑うつ、対人恐怖などが起きる。心身症や神経症をもつ小児は、小児科を受診した3歳以上の約1万5千人中の5.9%にみられたと
いう報告がある。

SAKIUTAの治療は経絡治療、またはカウンセリングを通して治療を行います。